カテゴリー別アーカイブ: スタッフブログ

理学療法士・串崎正輝です。

私は主に整形外科疾患のリハビリテーションを実施していますが、患者様からの質問には最新の注意を払っています。

院長に依頼する事が多いのですが、運動や健康維持に関する質問などには体験も交えてお答えさせて頂いております。

今日は質問の多い体の冷えについてお話しさせて頂きます。

日本人は一般的に冷え体質で冷たい物は合わないそうで、男性より女性に多いそうです。

しかし日本人の冷たい物好きは世の中でもトップクラスで、冷やしたビールやアイスコーヒー等定着していますが、ドイツ人は常温のビールを好むそうです。

欧米人は体が熱い体質でコーラやアイスクリームが好きでアイスティーも米国が発祥らしいですが、日本にも定着しています。

体の機能から考えますと、人間の細胞の中のミトコンドリアは生命活動のエネルギーを作り、また作り変えられた古い細胞の消化、排出新しい細胞の再生に関与しています。

ミトコンドリアは細胞内では、37度でないと活動できないので、暑さ寒さの環境温度に関係なく腸の体内温度37度を維持する為に大変なエネルギーが使われているそうです。

しかしコップ一杯の冷水も5分で腸に達して腸を冷やし、また口は発生学上、腸や脳下垂体と繋がっているので、口の粘膜を冷やすだけで免疫力を低下させると言われています。

口呼吸が良い例です。ミトコンドリアが活性化すれば免疫力は高まり、働きが低下すればエネルギーが不足して免疫力が低下し代謝力と消化力も落ちて、未消化物が体に溜まり、痩せにくく、太りやすくなります。

女性は下腹部が冷えやすく、婦人科系器官の不調を招きます。

そこで、私の冷え対策としてアーユルヴェーダの中の白湯毒だし健康法について述べさせて頂きます。

1.作り方

強火で沸騰から10分位、大きな泡をたたす。50度位冷やしてポットに入れる。(2回目の沸騰は不可)

2.起床後すぐ飲む

50度〜60度の白湯コップ一杯(150cc)を5〜10分位かけてゆっくり飲む。
胃腸を温めて、体の代謝を上げる老廃物を押し流し、排出を促す。

3.食事中に飲む

コップ一杯(150cc)を少しずつ飲む。

※ 一日、700〜800ccを超えると腸内の栄養が流されて体内に吸収されない。

※ 初回は飲むのに抵抗ありますが、体のバランスが整うと飲みやすい

※ アーユルヴェーダ認定医の蓮村誠先生の文献より一部引用
アーユルヴェーダは世界の三大医学の一つで世界保健機構認定

柔道整復師・橋本です!

私も今年で36歳となりました。
現役バリバリで陸上競技をしていた頃から20年。

35歳を超えてると、疲れやすくなったとか、痩せにくくなったという話をよく聞きます。

それもそのはず、何も運動をしないと筋肉量は毎年0.5%~0.7%減っていきます。

そして、筋肉量が減ると、基礎代謝が落ちます。

基礎代謝が落ちると、昔と同じものを食べていてもカロリー過多になり、太りやすくなります。

0.5%~0.7%の筋肉量とは、体重にもよりますが、重量にすると200~300gです。

【 例えば、30歳女性の場合 】

・体重50kgで、体脂肪率が23%だとします
・脂肪量は=11.5kg
・除脂肪体重は=38.5kg

50歳になっても体重が同じで、年々200gの筋肉が失われ、それがそのまま脂肪に変わったと仮定します。

20年で失われて、脂肪になる量は
200g × 20(年) = 4000g = 4kg
脂肪は4kg増えて=15.5kg
除脂肪体重は4kg減って=34.5kg

ということは、体脂肪率は
15.5kg÷50kg=0.31
体脂肪率=31%という事になります。

女性は体脂肪率が30%以上になると「軽度肥満」の部類になります。

筋肉量が減っているという事は基礎代謝も落ちているので、実際は体重50㎏をキープするのは難しいでしょう。

さらに50歳を超えたら筋肉が減る速度は加速し、1~2%ずつ減っていきます。

60歳を超えたら3%ずつに加速します。

そして80歳になると、筋肉量は30歳の時の半分となってしまいます。

今、30代前後の方、筋肉量が半分になってしまった自分を具体的に想像できますか?

歩行したり、物を持ち上げたり、階段を上ったりといった普段の生活の中での動きが、どれほど困難になるのか。

まして、今でも階段を上るのがキツいという30代の方は注意が必要だと思います。

骨密度は、運動をすると、その刺激により骨密度が高くなり、骨が強くなります。

中高年に多い骨粗鬆症は、骨がスカスカになって骨折しやすくなってしまう症状ですが、運動を習慣化して骨を強くすれば、防ぐ事が出来ます。

運動をして骨に刺激を与えてやれば、骨に必要なカルシウムなどがスムーズに摂り込まれやすくなります。

筋トレをすると成長ホルモンが分泌されるので、骨の新陳代謝を高め、新しい細胞がつくられます。

現代人は昔の人ほど運動量がありません。

洗濯一つとっても、かなりの運動量の差があります。
70年前は洗濯機もありませんでしたので、井戸で汲んだ水をたらいに入れ、洗濯板でごしごし洗濯し、絞って、それを物干し竿に釣り上げる。
洗濯をする為に、どれだけのスクワットやデッドリフト、フロントレイズが含まれていたことか。

それが今では洗濯乾燥機なら指先一本で終了〜。

買い物をするには、肉屋は肉屋へ、八百屋は八百屋へ、文房具屋は文房具屋へ。

車もないので、買ったものは手で持って帰らなければなりませんでした。

それだけでかなりの筋トレです。

そんなこと言っても、便利になってしまった今、昔のような生活に戻れない。

だからこそ、現代人は意識して毎日動く必要があります。

人間は、動くように作られています。動かないとどこかおかしくなります。

たくさんの運動をする必要はありません。

今日から、筋トレを始めよう!
今日から、10キロ走ろう!
というのは難しいですし、それを続ける気持ちのモチベーションを持ち続けるのも難しい。

健康を維持する為に必要な運動は、わずかです。

私もすごく運動しているように見られていますが、週4日、約2時間の筋トレをやっているだけです。

1日、24時間もある中の、たった2時間。

まずは、家で出来る筋トレを一日10回でも良いのでやってみましょう!

それにプラスして、日々の生活の中で運動量を増やす事をオススメします!

例えば、洗濯物の入った籠を床に置いてみる。これだけでスクワットが10~15回入ります。

駅を一つ前で降りて歩いたり、エスカレーターではなく階段を使ったり、出来る事は色々あると思います。

座ったままが多い生活は、喫煙よりも不健康だと言われています。

現に何もしないでいると筋肉は衰え、身も心も退化していってしまいます。

今日から始めても遅くはありません。
どんなに小さな事からでも良いので、出来る事から始め、重力と老化と戦いましょう!

はじめまして。

ご挨拶が遅くなりましたが、受付の中島と申します。よろしくお願いします。

 

夏は暑いものですが、今年は一層身体にこたえる暑さですね。

自分が子供の頃(○十年前)はクーラーもなく、扇風機とうちわだけで乗り切れた夏が

今では懐かしいとさえ…

まだまだ続く夏ですが、暑さに負けず頑張っていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます!

今年 全国高校野球選手権は100回目の記念大会!高校球児の全力プレーに心を奪われている人、感動して涙している人も多いのでは…私もその一人です。

またプレーする球児たちを炎天下の中、アルプス席から応援するチア部、吹奏楽部、応援団の姿にも感動させられます。応援歌もちゃんと聴いてみると各高校工夫がされていておもしろいです♬*゚♪♪

目標、夢に向かって頑張る姿、努力し続ける姿に元気と勇気をもらってます。100回記念の夏も残すはあと2日…「みんながんばれ!!」若い人たちにパワーをもらい私もまだまだ一生懸命頑張らないと٩(ˊᗜˋ*)و

蒸し暑い日が続いています。まめな水分補給、塩分補給、休息を心がけ残暑を乗り越えましょう(๑⃙⃘´༥`๑⃙⃘)      看護師  竹内

こんばんは。

放射線技師の小池です。
少し前になりますが、タイへ釣りに行ってきました。
関空から、タイのバンコクまで飛行機で約6時間。
巨体にエコノミー席は窮屈です。

タイには釣堀がけっこうあります。
今回も釣堀釣行です。
巨大なメコンオオナマズが釣れる「ブンサムラン・フィッシングパーク」と言う釣堀が有名ですが、今回は別の釣堀へ2か所行ってきました。

1日目
「パイロット111」と言う名前の釣堀へ。
ちなみに、名前の由来は、オーナーが軍のパイロットだったからだそうです。
アヒルが散歩してて、のどかな雰囲気です(笑)

いつもタイ釣行でお世話になってるガイドさんの話では、雨が降った後なので釣れていないと言うことでした。
たしかに釣れてなくて、バラマンディ2匹とテラピア1匹の釣果でした。
テラピアは日本のスーパーで売ってるところもありますよ。

 

この釣堀にはレストランがあり、注文すると点在してる休憩所まで出前してくれます。
そして、とても美味しいです。

 

2日目
「アマゾンbkk」と言う釣堀へ。
今回のメインで、初めての場所です。
本来タイには生息していない、アマゾン川の巨大魚が釣れる釣堀です。
bkkはバンコクの意味だと思いますが、結構遠いですし、ど田舎にあります。
結果から言うと、私は釣り上げる事が出来ませんでした。
魚は何度か掛かりましたが、バレてばかり(魚が針から外れると言う意味です)。
引きは今までに体験したことがない強烈なものでしたが、獲物の顔を見ることは叶いませんでした。
が、しかし!
相方が釣り上げました。
世界最大の淡水魚、ピラルクです。
計ってませんが、体長は1.5mぐらいで、重さは1人では持てないぐらいありそうです。
実物のピラルクは、うろこが赤く縁どられてて綺麗でした。
悔しいので、またリベンジに行きたいと思います。

釣り以外に観光もしてきました。

メークロン市場と言う線路にある市場です。電車が通る時には市場の屋根が折りたたまれます。