柔道整復師・橋本です!

 


今年も防衛省から、予備自衛官招集訓練命令書が通達された為、金・土・日と3日間お休みを頂き、中部方面総監部、伊丹駐屯地へ出頭する事になりました。

皆様には、ご不便をおかけすると思いますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

招集期間中は、非常勤の特別職国家公務員として任務に就きます。

東日本大震災から7年が過ぎ、熊本地震から2年が過ぎました。
そして、まだ被災が残る6月18日の大阪北部地震。

未曽有の自然災害で、数多の自衛官が昼夜を問わず人命救助や復旧作業に従事していた姿は、私の脳裏に鮮明に残っています。

そこで、今回は『予備自衛官』と言うものについて、少しお話ししたいと思います。

私が所属する予備自衛官は、大規模な災害や有事で臨時に招集されるのですが、その充足率は定員の7割にも満たず、誰もが自由自在・機動的に出動できる訳ではなく、現実の生活に大きく制約されています。

現役自衛官を退職後、予備自衛官に志願しない隊員も多く、志願しても勤務する会社への遠慮から、『名ばかり予備自衛官』にならざるを得ないのが本音だと思います。

自衛官の人手不足、予備自衛官に志願する者の減少、更に出動できる人間の減少。

どれだけ防衛予算を増やしても、装備を増強しても、最後の砦は『人財』。

肝心の人間が足りなければ、災害対処も有事対応も成り立たちません。

このままでは日本の国防が衰退していくのでは?と心配しています。

韓国では徴兵制がしかれているので、男として生まれた以上は、特別な事情がなければ兵役に服さなければならず、満19歳になれば徴兵検査の通知が配達されて、徴兵身体検査を受けます。

現役の判定を受けた者は、
・陸軍26ヶ月
・海軍28ヶ月
・海兵隊26ヶ月
・空軍30ヶ月
・公益勤務要員26ヶ月

の兵役に就くそうです。

私個人の意見としては、日本も韓国の様に任期制の徴兵制度を設ける事で、人財確保、人財育成、として良いと思うのですが。

安倍晋三首相も、予備自衛官制度の発足から60年を記念して、こう話しています。

『予備自衛官制度は【中略】我が国の平和と独立、国民の安全・安心の確保に大きな役割を果たしてきました。

我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しています。

我が国の平和は、我々自身で築き上げるほかに道はありません。』と。

今後も、日本各地で震災など自衛隊出動事案が発生すると予想されますが、少しでもこの様な職業に興味を持って頂き、お役に立てれば幸いです。

最後に、予備自衛官に任命された者は、自衛隊法第五十三条及び自衛隊法施行規則第四十一条に則り、以下のような宣誓書に署名捺印をしています。

『私は、予備自衛官たるの責務を自覚し、常に徳操を養い、心身を鍛え、訓練招集に応じては専心訓練に励み、防衛招集、国民保護等招集及び災害招集に応じては自衛官として責務の完遂に努めることを誓います。』

『常に、心身を鍛え・・・。』
私の好きな言葉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です