看護師の武藤です。

みなさま、亀はお好きでしょうか?
我が家には亀がいます。
ニホンイシガメという日本固有種の亀です。

飼い始めるまでは亀は苦手でしたが、飼って観察してみると、なかなか愛嬌のある生き物です。

例えば、お腹が空くと片手とお尻を振って亀ダンスを踊り出します。
それから、逃げ足はとても速いです。
また、甲羅干しの際に全身に日光を浴びようと、両手両足をビヨーンと伸ばしてだらしなく寝ている姿はなかなか味があります。
他にも書ききれないほど、まるで人間のような亀の個性が目白押しです。

みなさまも、どこかで亀を見かけたら、ぜひ観察してみてくださいね。

安井金比羅宮へ行ってきました

看護師の宮井です

残暑厳しい日が続きますがこのコロナ禍、皆さまお休みの日はどのようにお過ごしでしょうか

私は久々友達と京都へ行ってきました

悪い縁を切り良い縁を結ぶと言われている安井金比羅宮には大きな碑(石)があり、その穴をくぐりながら願い事を念じることで願い事が叶うとされています

お参りを済ませ御朱印帳に記帳していただき気分もスッキリです

皆さまもコロナ禍ですがマスク着用や手洗い、アルコール消毒など感染対策を行い上手に外出してくださいね


孫の野球

リハビリ担当の串崎です。

連日の猛暑ですが、週末の孫の野球の結果を楽しみにしています。


遠方まで行ってコールド負けした時など、気落ちします。

私も野球の経験があり、いつも地方予選で敗退、その後の特訓の苦い記憶しかないので思い余って、娘にコーチ役を名乗り出たところ、あまり乗り気でない様子、多くの指導を受けて、出来ないのは本人のやる気になっているようです。


過去にクラシックバレーの練習中にぎっくり腰になった患者様を担当したことがありました。


リハビリの際には、細かな動作分析が不可欠ですが、クラシックバレーは西洋の身体表現の頂点で、長い歴史を経て完成され、身体能力、洗練されたテクニックと高度な動きが必要です。


体のバランスを整えることで身体の可能性を引き出す方法として米国にはメジャーリーグやオリンピック選手、ダンサー等に人気の高いロルフィングがあります。


日本にも室町時代から続く伝統芸能の能があり、動きを応用した結果、痛みの改善、その後の自主トレで再発に至っていません。


具体的な説明は省きますが、これは孫の野球の鋭いバットスイングに十分応用できます。


素早い中国武術の基本は太極拳のゆっくりした動きの中にあると言われていますが、日本には正しく伝えられていないように思います。


太極拳の動きは運動器症候群の転倒予防に役立ちます。

犬の脱臼

こんにちは、受付の石谷です。

6月6日、我が家のトイプードルのレオ(4歳)が突然歩かなくなりすっかり元気をなくしてしまいました。

以前から動物病院で、脱臼の癖があるので今後手術が必要になるかもしれないと言われていました。

小型犬種には脱臼になる子が多いそうで、先天性と後天性にわけられ、どちらも加齢とともに異常が進行していくとのことでした。グレードが1~4まであり、我が家は3でした。

手術の日程を決めましたが、コロナの影響で早くても7月3日しか手術できないと言われ約1ヶ月弱、元気をなくしたレオの世話をすることになりました。

庭につれ出したり、フードを一粒ずつ口まで持っていったりと世話をしていたら、なんと3週間後に急に元気になり走り回ったり、ごはんを食べたり散歩に行ったりと普通の生活が出来るようになりました。

獣医師によると、たまたま脱臼がもとの位置に戻りいつも通りの生活が出来るようになったのでしょう。とのことでした。

手術するかどうか迷いましたが今後の事も考え予定通り手術することにしました。

手術は日帰りで、帰ってきたレオは痛みで声のない鳴き声でなくようになりました。 寝返りも出来ず水も飲めずトイレすら行けない日々が1週間ほど続いたあと、徐々に歩けるようになりフラフラとトイレにも行けるようになりました。

犬のトイレスタイルはご存知かと思いますが膝への負担が大きいのか傷口が開き出血してしまい抜糸が1週間のびてしまいました。

今はすっかり元気になり走り回れるようになりました。毛が生え揃えば傷口も目立たなくなると思います。

何もしゃべってはくれないけど、嬉しそうに走る姿を見て、手術をして本当に良かったと思っています。

これからも元気で家族の一員として長生きしてもらいたいです。