柔道整復師・橋本です!

皆さん、お元気でしょうか?

今日は、

『 お酒が筋肉を壊す! 』

と言う怖い内容を、お伝えしようと思います。

私は、お酒を嗜む(たしなむ)方ではありませんが、皆さんは、どの程度飲まれるでしょうか。

もしかしたら、
仕事の付き合い、仕事帰り、晩酌など、
『 お酒を飲む機会が多い 』のではないでしょうか。

実はトレーニング業界では、
お酒の痛飲(大量に飲む事)は筋肉を破壊することが知られていて、
これを『 急性アルコール筋症 』と呼ばれています。

症状は、
筋力低下と共に、筋痛、血中へのミオグロビンの溶出、筋肉線維(特に速筋線維)の部分的壊死などが起こると言われています。

その為、
ボディービルダーや、ボディーメイクをする人は極端にアルコールを控えています。

『 急性アルコール筋症 』は、
急激に飲み過ぎると、誰でもなる可能性がある症状で、飲酒の際には水分をしっかりとる事が大切です。

【毎日の飲酒も筋肉を破壊する】

それでは、
お酒を365日、
毎日、美味しく飲んだ場合はどうでしょうか。

先程の様な、
著しい筋力の低下や、筋肉痛を感じる事はありませんが、『 筋肉の萎縮 』が 慢性的 に起きてしまいます。

徐々に・・・そして確実に筋力が低下し、
『 筋肉が萎縮する 』という症状が現れ、
『 慢性アルコール筋症 』
と呼ばれています。

この筋力の低下は、
それまでの『 総アルコール摂取量に比例する 』と言われています。
(Kiesslingら、1975の著書)

実際、
アルコール中毒の患者さんは筋肉が痩せていて、筋力が極めて低いのが特徴的です。
( 速筋繊維は『 筋繊維の太さ 』と関係している為、細くなります )

飲酒による成長ホルモンや、インスリン様成長因子(IGF-I)の分泌低下が主な要因になると考えられています。

【どれくらいが適量か?】

『 急性、慢性のアルコール筋症 』ともに、アルコールの摂取量を減らせば、回復に向かうそうです。

それでは、
悪影響を与えず、健康にも良い適量はどのくらいでしょうか。

欧米の研究では、1日あたりエタノール60g 相当とされています。

1日あたり、
ビールで、約1.2 リットル、
ウイスキーで、約 150ml、

程度だそうです。

ただし、これは『 欧米人の身体 』の為の基準で、日本人では、一般にこの半分程とされています。

今回、
飲酒による有害な側面をお話しましたが、
お酒は人との距離を縮めたり、
普段できない話ができたり、
一種のコミュニケーションツールでもあり、
日々の生活を豊かにする『力』があります。

また、飲酒の研究は欧米の文献が多く、全ての人が今回の内容に当てはまるとは言えません。

『 お酒は大好きだけど、筋肉も残したい! 』
そんな人は、定期的な休肝日を検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です