柔道整復師・橋本です!

『筋肉バカ』なんて言葉がありますが、極限まで筋肉を大きくする為には、膨大な知識が必要なんです。

『10回3セット〜』
『タンパク質をいっぱい食べる〜』
だけでは、ダメなんです!

解剖学や生理学、栄養学など、様々な角度から筋肉の事を理解する必要があるんです!

ただ、例外もあり『根性と感性』だけで凄いカラダを作り上げる人も中にはいます。

そう言う人は、自分のカラダに対する感覚が凄い人なので、基本的には『知識』が必要になります。

なので、最初は簡単な知識から、少しずつトレーニングしながら知識量を増やしていけば、自ずと身について行きます。

そこで、今日は簡単な知識をお伝えしたいと〜思います!

今日皆さんにお伝えする事は、

◆〜スポーツGYMで痩せない理由〜◆

イベント事が近づいてくると皆さん、

『スポーツGYMに通おう!』

って言い出しますよね。
でも今まで、スポーツGYMに行って痩せましたか?
入会しただけで安心して毎月会費だけを払い続けてる、『幽霊部員・投資家』になってませんか?

スポーツGYMは、フルタイム、通い放題で月10,000円ぐらいですから、とても安くてリーズナブルです。

でも、それはしっかりと通って結果を出している人の話。

実際は、
入会したその月に2~3回行って、そのままご無沙汰。

通わないのに、3年経ったら・・・
36万円も払ってる事になります。

これが皆さんの現状だと思います。

私がスポーツGYMで働いていた時、会員さんは1000人以上居ましたが、実際に痩せた人は何人居たと思いますか?

『5分の1以下』です。

驚いたでしょ?

使い方によってはダイエットの『強力な武器』となるスポーツGYMなのに、なぜこんな状況になってしまうのか?

原因はいくつかあります。

① 入会しただけで安心してしまう

② スポーツGYMが、痩せさせてくれると思ってる

③ 楽しさを知る前に飽きてしまう

④ 痩せる理論を知らないで通ってしまう

⑤ スポーツGYMの使い方を知らない

これらが大きな原因です。
細かく説明していきましょう。

【① 入会しただけで安心してしまう】

これは大きな間違いです。
専門学校に入学したら国家資格に合格できると思いますか?

ましてや「入会したから大丈夫!」

と言って結局通わない。

【② スポーツGYMが痩せさせてくれると思ってる】

パーソナルGYMと違い、貴方の事を誰も管理してくれませんし、気にかけてもくれません。

GYM側は、

『安く場所を提供するので好きに使って下さい』

と言うスタンスです。
つまり、『放置プレイ!』

【③ 楽しさを知る前に飽きてしまう】

スポーツGYMのトレーナーは、1度に何十人って言う会員さんの相手をしています。

その中で、トレーナー自ら会員さんに話しかける事は稀ですし、スポーツGYMのトレーナーは、

『9割が学生のアルバイトかフリーター』

ですので、貴方一人を痩せさせようという行動はするはずもありません。

マンツーマンでトレーニングの楽しさを教えてくれるトレーナーは、ほとんど居ないないと思います。

【④ 痩せる理論を知らないで通ってしまう】

『運動したから大丈夫!!』
と言ってら有酸素運動1時間した帰り道に、飲み食いし、結局+-がプラスになってしまい、いつまでたっても痩せない。

『トレーニング後に飲むのは、プロテインにして下さい!』

【⑤ スポーツGYMの使い方が日本は未熟である】

アメリカのスポーツGYMは日本と違い、ジム内に受付の職員は居ますが、常時トレーナーは居ません。

トレーナーは、受付の「トレーナー名簿」から選んで自分でトレーナーを呼んでマンツーマンで指導してもらい、ある程度技術・知識が整ったら一人でトレーニングを行うと言った使い方。

日本はトレーニングのマシーンやランニングマシーンの効果的な使い方を知らないで、2時間も3時間もダラダラとジム内に居るだけ。

①~⑤を見て皆さん、全部当てはまってませんか?

これでは、飽きるに決まってます。
痩せる訳も無いし、通わ無いに決まってます。

ではスポーツGYMはどう使えば良いのか?

【① ベース作りの期間を作る】

まずは2ヶ月、週2〜3回、通う癖をつけ、トレーニング・運動の基礎・土台を作る。

【② GYMに所属するパーソナルトレーナーをつける】

土台となる2ヶ月の内、4回~8回はパーソナルトレーナーを付けて、マシーンや筋肉のつけ方を学ぶ。

(GYMにもよりますが、大体6000円~9000円が相場)

【③ 自分でインターネットや、本から知識を学ぶ】

筋肉のつけ方、一般的な痩せ方はパーソナルトレーナーが教えてくれますが、体脂肪を落とすコツは教えてくれません。

そこで、インターネットや本を併用して下さい。

スポーツGYMは、健康維持・ダイエットするには、リーズナブルでとても便利な場所です。

一方、パーソナルGYMは、徹底的に痩せさせ、ライフスタイルを変えてもらえる場所です。

それぞれの特徴と自分自身に合った方を選び、使い方を知り、上手に利用していきましょう。

● 節約したい人は、スポーツGYM

● 時間を無駄にしたくない人は、パーソナルGYM

と言った選び方が一般的ではないでしょうか。

本日はこれにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です