月別アーカイブ: 2019年6月

GWの過ごし方

こんにちは、リハビリの奥園です。

今年のGWは10連休と長期休暇でしたが、皆様はいかがお過ごしでしたか?

私は5連休で旅行へ行きました(∩´∀`∩)

まずは天橋立です!

初めて行きましたが、駐車場に入るために渋滞渋滞の大渋滞。

2時間かかって車を停め、周辺散策を楽しみました( •̀ .̫ •́ )✧股のぞきやりました。

次はネモフィラ祭りです!

一面青色の花の中、写真を撮り続け、ほっこりする休暇を過ごすことができました。

ジメジメと湿度が高く、過ごしにくい梅雨になります。

気持ちが滅入ってしまいますが、気持ち切り替えて頑張っていきましょう«٩(*´ω`*)۶»


ビタミンDについて

こんにちは。看護師の田嶋です。

今回は骨粗鬆症治療でよく使われているビタミンDについてのお話をしようと思います。

骨を強くするには何が大切か?

大体の人がカルシウムと答えることが出来るかと思います。

私も小さい頃から母に「骨を強くするために牛乳しっかり飲みなさい」と言われ育ちました。もちろんカルシウムも大事なのですが、骨粗鬆症の治療にはビタミンDがとても重要な役割を果たしています。患者さんとお話をしていると内科や整形外科で「ビタミンDを処方してもらっています」と聞くことがあります。では、このビタミンDは一体どんな役割を果たしてくれているのでしょう?

ビタミンDは腸管からのカルシウムの吸収を促進し、血液中のカルシウムを骨まで運ぶという役割があります。カルシウムは吸収されにくい栄養素なのでビタミンDと合わせて摂取するというのが大事なのです。


ではビタミンDは何を食べればいいのだろう?というお話になるわけですが、鮭、かつお、木くらげ、干し椎茸などです。ちなみにちりめんじゃこはビタミンDもカルシウムも豊富に含まれていますのでまさに一石二鳥の食品だと思います。

ビタミンDは日光(紫外線)に当たることでも体内で生成することが出来ます。夏であれば15-30分日光に当たるといいそうです。ちょうど昨日のドラマのラジエーションハウスでも小さな男の子が日光に当たらなさすぎて、ビタミンDが足りずにくる病だと診断されていましたね。
ただ、やはりある程度の年齢になると食事と紫外線でもビタミンDは不足してしまうのが現状です。25(OH)Dといって採血で血中のビタミンD濃度を測定出来る検査項目があります(1施設で1回のみしか測定は出来ません)。当院でもかなりの人数測定していますが、ビタミン濃度が充足されていた方はたったの2人程度でした。それくらい日本人はどうしてもビタミンD不足に陥りやすい民族なのです。


食事と生活では限界があります。ですのでビタミンDのお薬を継続して内服する、ということが骨粗鬆症治療の第一歩です。みなさんコツコツと頑張りましょう!私も応援しています!

梅雨入り間近!

みなさん こんにちわ

リハビリ 増田です。

私は、南国の鹿児島出身です。

鹿児島はすでに梅雨入りしており、曇りや雨の日が多いとのことで、スッキリしない天気のようです。

大阪では初めて梅雨の時期を過ごすのですが、雨でジメジメ、気分も乗らない日々は全国一緒でしょうか。。既に気分は憂鬱です(涙

ただ、そんな憂鬱の日々にも、少しだけ楽しみがあります。

梅雨の時期!!雨の中でこそ!!

美しさと風情を楽しめるもの!

それが紫陽花です

雨の日々は大嫌いですが。

雨と紫陽花と傘 趣がありますねー(^ ^)

今から下調べ!して、それを楽しみ!!にして、憂鬱な日々を元気に乗り越え行きたいと思います。

関西の紫陽花事情は詳しくありませんので、名所や穴場などありましたら教えてください!!

どこか訪れたら、また、写真上げますね(^^)

雨の日々は、体調を崩しがちになったり、痛みや嫌悪感も強くなる方もいらっしゃいます。

足元も滑りやすく、普段より移動も注意が必要です。外に出る機会も減り体のリズムも崩しやすいです。

それでも、雨の日々だから気づけることや、ちょっとした楽しみなどを見つけることができれば、雨の日々も意外と悪くない!かもしれません。

あなたの素敵な梅雨の過ごし方

ぜひ見つけてみてください(^ ^)